落魄日記130929

[六道銭さえなかったのだが]


2013年09月29日日曜日。

また死に損なった。
08月27日火曜日に緊急入院した。
硬膜下血腫。
8月上旬から頭痛が酷くなり、ロキソニンやノーシンでも偏頭痛が収まらない。
仕事中に視界がチラチラしだす。
左脳前部がやたらと痛い。
一度痛みが治まったかと思ったら、再びねじ切る様な痛みが復活した。
地元の町医者にイミグランという頓服を処方してもらって服するが、嘔吐するだけで頭痛は収まらない。
8月27日火曜日朝に町医者に行き、効かない旨を申し上げると、最近隣町から引っ越して来た総合病院へ紹介状を書き始めた。
早速総合病院へ行くと、CTとレントゲンを撮られ、猫母も呼ばれた。
ここで吾輩は左脳に出血があったことを告げられて、頭に穴を開けることになった。開頭ではなかった。

頭を打った記憶はない。
ただ、8月7日水曜日夜、途中の記憶が途切れている。
頭を打ったとするなら、その帰宅中しか考えられない。
やたらと右臀部が痛かった。
つんのめって左頭部を打った可能性は否定できないのだが。

オペは無事に済んで、scuに一晩。
いろいろ他の病変もあったのだが、ここでは書かない。
血腫は取り除いたが、穴を開けた部分の傷が痛くて、左眼では黒いヒビが見えたり、痛みはなかなか引かない。
18日経った09月13日金曜日に退院出来た。
見舞いに来てくれたN氏、Fさん、仕事先のアルバイト、コマネチ大学殿、会社の部長様、ありがとうございました。

退院後も診断書が出なくて、まだ自宅療養中。復帰に向けて散歩などをしている。
先日は久々に上野へ会社の研修を受けて、アメ横カメラに行き、大宮へ行き燐寸箱に姿を現した。
もう酒は呑めないのだが。
ノンアルコールウィスキーとか焼酎とかないかしらん。
コカコーラを飲みながら思うけれど、死神がその辺でほくそ笑んでいるに違いない。後で捕まえて窓から放り投げてやろう。

とある友人曰く、君はまた冥府から甦ったな。
邪神かもしれないが(笑)



流星や吾が身の業は消えぬなり

梨食みて呑めぬ憾みや氷水

病み上がり医師恨めしや居待月

夢魔達を寝屋に捨て去り秋立ちぬ

吐天



アメ横カメラに置き忘れたNikon FEが久々に手元に戻った。
FAはやはりプログラムもシャッター優先も絞り優先も死んでいるので、完全マニュアルとするしかない。
また撮り始めるには長い時間がかかると思うけれど、人生は死ぬまでの暇潰し。何とかなるさと思うしかない。
迷惑掛けた方々にはただ謝罪するしかないが、ネット上での祝福にはただただ感謝する他ない。
今度の日記がいつかわからないが、またいずれ。

副題は正直な気分である。
[PR]

by sunnyspot-gunman | 2013-09-29 21:51